節税するならコミュニケーションはかかせない

こんにちは。

大阪市東淀川区の税理士の小西です。

9月の半ばが過ぎ、残り数か月で年末を迎える時期に
個人のお客様の収支の状況を確認し、面談等の準備を進めています。

収支の報告を兼ねて、面談をさせていただくのですが

納税予測額や節税対策のプランの提案も同時に行っています。

当たり前の話ですが、ただただ税金だけが安くなる節税策はなく
それぞれの方法にメリット・デメリットがあり


デメリットよりもメリットに魅力を感じていただいたうえで
節税対策を実際に導入することとなります。

そのためには、コミュニケーションは不可欠です。

今後、
家族の状況がどのように変わるのか
どれくらい貯蓄を増やしたいのか
従業員を雇う予定なのか
新しい事業を始める予定なのか
新規の借入を行うことを検討しているのか

弊所では様々な視点から、それぞれのお客様に合った節税対策や
資金繰り対策を提案させていただいてます。

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。